よくあるご質問

よくいただくご質問と回答をご案内しています。お問い合わせいただく前にご確認ください。

Z空調をつけたままにするのは電気代がかかりませんか?
エアコンは起動時に最も電力を消費します。冬の場合、一旦室温が下がってしまうとエアコンは設定温度に戻すために大きな電力を消費します。常時運転は間欠運転より消費電力を消費しますが、下がった室温を戻すために要する大きな電力消費は不要となります。
また、高気密・高断熱住宅で空調にかかる消費電力を抑えられているためトータルで考えると電気代はあまり変わりません。
春・秋でもZ空調をつけたままにするのですか?
エアコンが必要ない季節はエアコン機能を切り、24時間換気だけ個別に稼働させることができます。
その分電気代も安くすることができます。
加湿機能は付いていますか?
加湿のために給水する仕組みを加えるとシステム自体が複雑且つ高額になります。また漏水の危険性も出てきますので加湿機能は付いていません。全熱交換機で湿度の交換は行われていますが、冬場の乾燥を考慮すると別途加湿器を購入され併用することをお勧めします。
部屋ごとに温度は変えられますか?
1階と2階それぞれにエアコンの本体があり、各フロアで設定温度を変える事ができます。
また、各部屋の吹出し口は風量を調整できますので、同階内でも部屋ごとに温度差を調整することも可能です。
床暖房の方がいいのではないですか?
床暖房は足元が暖かくなりますが家中暖めるには相当数の床暖房が必要になり設置コスト・ランニングコストともに高額になります。また、夏は別途エアコンの設置が必要になりますので必ず両方の費用がかかります。Z空調はそれだけで一年中快適、更にコストパフォーマンスに優れています。
なぜ、Z空調はこんなに安くできるのですか?
Z空調仕様の家はもともと家自体の気密・断熱性能が高いため、オリジナル24時間換気システムと市販されているエアコン2台だけでシステムをつくることができました。
またダクト長が短くなるよう本体設置場所と吹出し口の位置に工夫を加えたことにより大幅なコスト削減を図っています。
Z空調は長期優良住宅やZEHに対応していますか?
通常の建物であれば基本的に両基準に対応しています。但し4~8地域の場合、建物の大きさにより補助金申請ができない場合もあります。平屋、2階建て、3階建て、2世帯住宅、それぞれ対応できる大きさが異なりますので詳しくは担当者にご確認ください。
※3地域はZEH補助金申請可能です。
※長期優良住宅は全ての地域で対応しています。
エアコン機器の保証やメンテナンスはどうなっていますか?
メーカー通常保証1年に加え、お引き渡しから10年間の延長保証を行っております。故障の際は取扱い説明書に記載の連絡先にご連絡ください。
万が一製品の交換が必要な場合でも冷媒管やダクトなどの配管類は残したまま機器類だけの交換が可能です。